辻堂で子育てする主婦のブログ

千葉県船橋市から、旦那の仕事で神奈川の辻堂へ引っ越してきました。

D14 採卵日

8時半受付なので、幼稚園にお願いして8時に預けていきました。

 

精液検査の時に男性個室の機械すべてのリモコンの電池が切れたようで、スタッフに言いたいけど言えないと嘆いていたけど、誰か勇者がいたらしく、無事に電池が交換されていたみたい。良かった。

及川○央とパパの子供みたいな感じでもやっとするけど、思い切り奈央を抱いてこい!と送り出した。

パパはあっさり採精して、そのまま会社へ。

 

私は全身麻酔なので、リカバリールームで手術着にて着替え。

ポケットにナプキンを付けたパンツを入れておくように指示された。

4番目だったらしく、1時間半も待たされ、直前にもう一度トイレに行かされた。

 

特に前の人が長引いてしまってらしく、その待ち時間で緊張しすぎて呼吸が苦しいし、暑くて汗だくだし、オペ室に入って心電図取り付けたら早いこと早いこと。

 

寝てしまうから、痛みの心配はしていなかったけど、途中麻酔が覚めて2回も追加麻酔された。

長引いたよう。予定採卵数が10個だったけど、結果12個も取れたらしい!

すごい!42歳だと3個くらいって言ってたのに。

25歳相当の数です。

いろんなブログ読んでて、この歳だと空胞が多いようだから、良くて6個くらいかな?と思ってたのに!

クロミッド&HMG注射では2~10個が目標なので、軽々越えてしまった。

 

15個以上は質が悪くなるそうだし、すごく理想的なライン。

不妊治療してる人にしたら贅沢な悩みだけど、破棄しなければいけない可能性が大きくなってきた。これが本当に嫌だ。

 

その後の診察で、身体の状態は良いけど、採卵月に移植すると姙娠後にOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になる可能性が高いと言われ、どうする?と選択を迫られた。

 

えーそんなの決められないよ。

卵巣の状態が危ないから来月にしましょうとか病院側が決めてくれるんじゃないの??

どっちがいいかなんて決められない!心情的には早くお腹に戻したい、凍結はなるべくしたくないというのがあるけど、無理に戻して悪い結果になるのも嫌だし。

 

調べても調べても答えが出ない。

 

とにかく明日、受精確認にまた病院へ。